占いの種類!命・卜・相・霊の解説

占いの種類には大きく分けて、命(めい)、ト(ぼく)、相(そう)、霊(れい)があります。命は生年月日、生まれた時間、生まれた場所をベースにする占いで、四柱推命や西洋占星術・インド占星術などがあります。対象者のホロスコープや命式を作り、それを元に人生における結婚などのイベントや運気のアップダウンを鑑定することができ、対象者と付き合っている人との相性なども読み取ることが可能です。トはその時々の事象を鑑定する占いことで、タロットカードや易などを言います。付き合っている人の気持ちや今後の展開などを占うことができ、人生におけるアドバイス的なものを得ることが可能です。おみくじなどもこの種類の占いに含まれます。タロットカードにはさまざまな種類があり、いろいろな絵柄のものが存在しています。相は風水や人相・手相などのことで、風水は色やアイテムなどを利用し、対象者の運気を上げることが可能です。人相・手相などによって、対象者の性格を読み取ったり、人生の傾向を知ることができるでしょう。人相や手相は変わっていくことが多いので、その瞬間のことを鑑定したり、近未来を占うことが可能です。霊は少し特殊な種類で、霊的なパワーを利用した占いです。タロットカードや易などのトと組み合わして行う人が多くいます。霊視やヒーリングなどがこれにあたり、霊能者と呼ばれている人もこの能力を使って鑑定しています。占術にはさまざまな種類があり、相談内容に応じて利用すると良いでしょう。
みんなの電話占いの料金・鑑定内容口コミ・評判を分析はこちら


Posted in 占い and tagged , by with no comments yet.